Sunday, 27 January 2013

寒い季節のパークデーは・・・

園庭のないYPKでは、週に1回「Park Day」ということで、スクールバスに乗って、近隣の公園へ出掛け、広い戸外でのびのびと運動したり、自然観察をしたりという活動を行っております。

震災以降は放射線の影響への懸念から、郡山市の保育施設(認可・認可外に限らず)は、0~2歳は15分/日、3歳以上は30分/日という屋外活動を制限する指導が、郡山市独自の方針として出されております。

(ご存知とは思いますが、小学生以上のいわゆる「3時間ルール」は、今年度始めに解除されておりますが、幼児に関しては、2年近く経過した現在も、市保育課は「各施設の状況に合わせて臨機応変に対応を」というような事は言いつつ、それ以上の指導も変更も、ましてや解除もありません。)

ですので、震災以降のPark Dayは、より線量の低い地域へと足を延ばし、会津や新潟などの公園で活動を実施して参りました。

しかしながら、震災の前後にかかわらず、11月に入ると気温は徐々に下がってきて、特に月齢の低い幼児には戸外遊びがだんだん厳しくなって参ります。

先日アップしたように、アイススケートなどで寒さを満喫するのも一つですが、大槻にある郡山少年自然の家は、充実した遊具と立派な暖房設備で寒いこの時期のパークデーに大変重宝しております。

この日もキンダー(年長)さんからガッピー(未満児)さんまで、YPKみんなが楽しく体を動かすことができました(*^-^*)













No comments: